CHECK

ソーラーパネルを設置するメリット

ソーラーパネルを設置するメリット

ソーラーパネルを設置するメリットですが、言うまでもなく太陽光を受けて発電ができる点にあります。生み出した電気は乾電池で豆電球を点灯させるようなレベルではなく、家庭内で普通に使われている100ボルト電源と同じものですので、この意味では家庭内で今までと同じ量の電気を使っていたとしても、電力会社から購入する分を減らすことができ、節電につながります。真夏の日中などにおいては、ソーラーパネルはもしかすると家庭内で使う以上に発電してくれるかもしれませんが、そういう場合に余った分は無駄になってしまうわけでは決してなく、逆に電力会社に売ってお金にすることもできます。ただしソーラーパネルはそれなりに高価ですし、設置場所とか天候によっても発電量は左右されることになります。メンテナンスも一切不要ではありませんし、経年劣化もありますので、全般的なコスト面での試算をしっかりと行ってから導入を検討したほうが良いでしょう。

ソーラーパネル導入時とランニングコストの確認を

ソーラーパネルを導入する場合、導入時に必要となる費用だけではなく、ランニングコストなども考えて10年以上先を見据えて検討することが重要です。基本的にソーラーパネル本体は2000年代よりも2020年代のほうが安いです。かつては200万円以上設置を含めて必要でしたが、2020年代の場合130万円から150万円の間となっています。低価格なところの場合は120万円前後でも設置は可能です。ただしこの金額に充電池は入っていないため、充電池は自分で購入することになります。充電池の場合2万円前後で購入できる物もありますが、8万円前後の物もあるため、充電できる能力などにより違いがあることは事実です。希望している充電能力などを把握し、最適な金額の物を導入することが必要となります。ランニングコストは毎年のメンテナンス費用、パワーコンディショナーの交換費用、修理費用などが必要です。いつでも故障するわけではありませんが、交換するとなると高額となるため、ある程度の費用を積み立てておいたほうがいいといいます。年間2万円前後を積み立てておくことで、万が一交換しなければならないときに役立ちます。地域によりますが電気代は毎月自分たちの屋根の上で作られるため、それほど気にする必要はありません。自宅ですべて使うのであれば充電バッテリーを用意しておくことで家族で無駄遣いせず使いきれます。

ソーラーパネルに関する情報サイト
ソーラーパネルのメリットや仕組み

このサイトでは、ソーラーパネルの基本的な情報を紹介しています。パネルが電気を発生させる仕組みをはじめとして、設置することで得られるメリットなど多岐にわたっているため、設置前に目を通すことで参考になります。電気を生み出す仕組みだけではなく、生み出した電気を保管しておく場所、効果的に使う方法などをも理解しておきましょう。設置前に一度目を通して損はない情報ばかりだといえます。

Search